ブログ

WordPressコメント機能とお問い合わせフォームのスパム対策方法

スパムメールなどの迷惑行為がどんどん増えて困ってます。

こんにちは、ヒロサラです。

皆さんコメント機能を設定してから、書いたブログなどの感想がくると嬉しいですよね。そんな中、少なからずスパムメールなどの迷惑メールがくるようになっていませんか?

実は私もくるようになって、ほったらかしていたらどんどん増えてきています。対策を早くしてコメント機能や問い合わせフォームを有効に活用していきましょう。

 

 

1. 【WordPress①】契約しているサーバーから設定する

レンタルサーバー内の設定が、まだ初期設定のままであればスパムメール対策ができていない場合もあります。もしそうである場合、一番簡単な対策のためまず設定してみてはいかがでしょうか?

エックスサーバーの場合の設定方法

1.エックスサーバーの契約管理ページへログイン

2.サーバー管理をクリック

3.メール欄下の迷惑メール設定をクリック

4.設定したいドメインを選択する

5.自分用にカスタマイズする

WordPressのコメント欄へスパムメールが来ていた場合の対処法としては、これが最も簡単です。既存のパラメータで迷惑メールを撃退できればそれが一番良いでしょう。

 

2. 【WordPress②】固定ワードなどをブラックリスト化する

続いては、レンタルサーバー側で設定できない場合、WordPress内の設定方法を説明します。スパムメールのアドレスが同じもので何度もくる場合があります。そのメールをブロックしてしまうのも、一つの手段でしょう。

WordPress内の設定方法

1.WordPressへログイン

2.設定をクリック

3.ディスカッションをクリック

4.コメント内で許可されないキーワードの欄にアドレスなどを書き込む

5.「変更を保存」をクリック

一つデメリットとしては、数多くの迷惑メールには対応できない点ですね。その都度対応が必要なため、これを手間だと思う方にはオススメできません。

 

3. 【WordPress③】プラグインを設置する

スパムメールに対応したプラグインも存在します。有名どころとしては、「Invisible reCaptcha for WordPress」「Akismet」でしょうか。これらをインストールすれば、通常の自動ロボットでのスパムメールを遮断することができます。

ちなみに「CAPTCHA」とは「Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart」の略です。意味としては、ロボットと人間を区別するための試験です。

皆さんもよくWeb上で契約などする場合、必ず行ったことがある作業と思います。最終決定時にロボットではありませんにサインをし、パスワードのような文字を打つ「アレ」ですね。

ただし、これらにもデメリットがあります。画像解析のクオリティが上がっているため、ロボットでも判別できるようになっています。そしてその対策をしたプラグインの登場と、”イタチごっこ状態”ですね。また、送信者にとってこの手の手間を取らせることとなり、少なからずそれを理由に送らないと思う人も出てくるでしょう。

 

4. 【お問い合わせフォーム①】Google reCaptchaを設置してみる

問い合わせフォームにも「reCapcha」を入れるということができます。Googleのアカウントが必要ですが、Google reCAPTCHAのサイトから案内にそって登録すれば、キーを取得し設置することができます。HTMLなどの専門知識なしでもできますので、安心してください。

 

5. 【お問い合わせフォーム②】入力フォーム内に必須項目を設置する

ロボットからの自動送信によっては、必須項目があると防げる場合があります。未記入の項目を増やすことでスパムbotによる自動送信をできなくさせる方法です。もちろんreCapchaよりも効果は低いものですし、送信者にとっては手間をとらせてしまうデメリットがあります。

 

6. 【お問い合わせフォーム③】reCaptchaを自作で設置してみる

プラグインを入れるのは重たくなるからいやだ。Google reCapchaも登録するのが面倒だ。という人は、自作で作ってみる手もアリです。この上記2つよりはセキュリティ面でどれだけ効果があるか未知数ですが、私も自作でやってみて実際にスパムメールがこなくなった一人ですので、効果はあると思っています。もちろんPHPで自作するようなスペックは私にはありませんので、初心者ができる方法になります。なので、とても簡単です。

1.Googleへログイン

2.Googleドライブへログイン

3.自分の問い合わせフォームを作成

4.自前のreCaptcha画像を貼り付ける

5.質問文を追加

6.記述式で正規表現、一致の設定で必須の項目にしておけば完成

クオリティが低いと思われがちですが、もしスパムメールがきたときの対処法が自分でまた、なんちゃって画像を作り変えるだけで済むので、簡単ですよね。その都度プラグインを最新版に変える、設定を変更するなどが面倒であればこんな方法も一つの手段ですね。

 

7. さいごに

自分のブログを安全な運用にするため、収益を守るために必要な作業なので、最優先でスパム対策はしておきましょう。私が考えた方法が全てのスパム対策にはなっていないと思うので、より安全な対策を行い対応していきましょう。それではまた次回。

スポンサーリンク

本記事の信頼性

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hirosala

サラリーマンブロガー/ 大学卒業後▶一部上場企業でFAE▶副業好き月10万収益中▶ブログ収益は三桁の初心者▶海外勤務から日本へ帰国後、子育てに奮闘しながらもブログに目覚め修行中

-ブログ

© 2022 ヒロサラブログ Powered by AFFINGER5