副業/仕事

就活をするとき必要な7つのこと【就職活動編】

就活したいけど、どんなことから始めていけばいいの?

こんにちは、ヒロサラです。

皆さんは、就職活動する時に、どんなことをしていますか?高校や大学の先生に言われた通りに行動していませんか?友達と仲良く同じところを受けますか?

転職する方なら、転職アドバイザーの言いなりで準備していませんか?

生涯で数多くするわけではない就職活動を他人まかせでは、後悔しませんか?

そんな方々に就職活動で必要なことを説明していきます。

本人の能力も大事ですが、そもそものプランがなければ内定は取れません。それでは説明していきます。

 

1.スケジュールをまとめる

これは当たり前だと思われるかもしれませんが、私の友人で説明会も行かず、他の人よりもずっと遅く就職活動を始めた人がいました。その友人は、そのためにスタートダッシュを決められず、受けれる企業が少なくなってしまいました。

理由として、日本の企業はほとんどが選考開始時期が同じだからです。

本人の能力がいかに高くても、時期が合わなければ意味がありません。説明会への参加、エントリーシートの準備、1次面接開始と事前に日程は自分で調べるしかないのです。

一年に一回しか選考を行わない企業もあるので、事前準備をしっかりとしましょう。

 

2.就活サイトに登録する

ここでも、他の人と差がつく必要な作業があります。就活サイトの登録です。実は就活サイトによっても、検索企業の数や種類、自分の入りたい企業の有無が変わってきます。

例えば、転職を目指している人が、新卒就活サイトに登録しても求人募集は新卒のみのケースがあります。

これでは当然受かりませんよね。自分に合う求人サイトを一つではなく、2つから3つくらい登録しておけばいいでしょう。

もちろん、登録だけで満足するのではなく、説明会の日程チェックを忘れずに。

 

3. 自分の知人や親など周りに聞く

この方法は結構アリです。実は、企業の求人には未だに”コネ”というものが存在します。

普通、自分の仲の良い人がすでにいる会社なら入りたいでしょう。会社側も同じ考えです。すでに働いている従業員の知人であれば、より安心して雇用ができます。

人事の方にとって、選考する時間は膨大な時間がかかります。少しでもより安定的に働いてくれるメンバーを選考したいのです。

私の場合、バイト先の常連さんから会社に入ることを、誘われたことがあります。意外な方と縁がある場合もあるので、就職活動中は積極的に活動していきましょう。

 

4. 就職説明会に行く

説明会に行くのを避ける人が、実は結構います。なぜなら会社に選考されるのとはあまり関係ない場合があるからです。また、効率が悪いからです。

ネット環境であれば、わざわざ電車に乗って説明会が行われる会場に行かずとも、数十社の情報が得られ、エントリーできます。

しかし、在学中では企業の従業員の人と接する機会は少ないはずです。そのため、説明会を面接の練習の場にすることはとても良いことだと思います。またネットでは得られない、会社の情報を人事の方に直接質問できるため、推奨しています。

選考が始まった時に、質問しづらいことも聞けるため是非参加するべきです。

 

5. 行きたい業界、職種を知る

よく就活中の学生に「自分の将来なりたい仕事が見つからない」と言われることがよくあります。業界、または職種を調べておかないと、いざ内定が決まって、やっぱり想像と違ったと、辞めてしまうことになりかねません。

同じ業種でも、また同じ職種でも会社が変わればもちろん違います。しかしながら業界特有の文化や、職種内の独特なルールなど調べないと分からないことがあります。

ネットや先生、知人でもいいので、まず自分に合いそうか事前に調べて知っておきましょう。

 

6. エントリーシートを書く

実はエントリーシートほど、重要な作業は就活においてないかもしれません。なぜかと言うと、一次試験が書類選考の場合がほとんどだからです。

そして実体験として、同じ企業を受けた時、全く同じ成績で、同じ学校在学の二人の生徒がエントリーシートで一次試験の合否が違うことがありました。

もちろん理由は聞く術もありませんが、エントリーシートで決まることが実際にあるのです。

様々な受かるためのノウハウが世の中にはあると思いますが、まずは自分で数多く書き、自分の長所を生かす書き方、選考の人が読みやすい書き方を身につけていきましょう。

 

7. 数多く面接を受ける

これは転職には当てはまらず、また賛否が起こる内容かもしれませんが、選考面接の練習を学生の方はしていることでしょう。しかし残念ながら意味はあまりありません。実践に勝る経験はないからです。

もちろん内定を断る前提で受けるような冷やかしは困りますが、現在は100社受けて落ちるような世の中です。内定を取るためには数多く選考を受けた方が良いに決まっています。

その場の緊張感や、質問内容、受け答え、標準語、敬語の訓練。これらを全て経験するのは実践が一番良いし、効率がいいです。

集団面接やグループディスカッションも実践特有の場となりますよね。

皆さんも恐れずたくさんの企業面接を受けに行くことをオススメします。

 

8. さいごに

今回はあくまで就活にするべき内容を大まかに話しました。これから就活される方や、転職を検討している方にとって参考になればと思います。それではまた次回。

 

スポンサーリンク

本記事の信頼性

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hirosala

サラリーマンブロガー/ 大学卒業後▶一部上場企業でFAE▶副業好き月10万収益中▶ブログ収益は三桁の初心者▶海外勤務から日本へ帰国後、子育てに奮闘しながらもブログに目覚め修行中

-副業/仕事

© 2022 ヒロサラブログ Powered by AFFINGER5